エコの観点からも

エコの観点な印鑑イメージ

テーブルや椅子などのインテリア家具はもちろん、箪笥や家具、建材などの木の木目って美しいですよね。
そんな木目にこだわった印鑑や社印も、やはりかっこいいです。

木目というのは、木のどこの部分からどの角度で切りだすかによって変わってきますから、一本一本風合いが変わってくるのがまたなんともいえない魅力といえます。

最近はエコ印鑑などで、木目を人工的に表現する印材もたくさんありますが、かっこよさが際立つのは、やはり自然の年輪をそのまま感じられる天然木による印鑑や社印です。

木目が美しい印材といえば、智頭杉(ちづすぎ)の印鑑です。
雪や寒さに強い智頭杉は、年輪が厚くてしっかりしているのが特徴で、縦にわると綺麗なストライプに見えるような、木の表情が豊かな木材だそうです。

また、中心部分の濃い茶色の部分を切りだして作られた印鑑や社印は、まるで骨とう品店で長らく眠っていたかのような、アンティーク感が漂う一品。

もともと杉は柔らかい木材で、印鑑には適していないとされていた材料ですが、最近の加圧処理技術の向上により、柔らかい智頭杉を印材用に硬く作ることができるようになったそうです。

また、木工品を作る途中で出たロス品を、印材用に加工した商品などもあり、エコの観点からも注目されているのが智頭杉の印鑑です。

また、智頭杉ほど木目のインパクトはありませんが、やわらかい色合いと曲線の木目が美しいのが、檜の印鑑や社印です。
檜はいうまでもなく、耐久性、保存性に優れた材木です。

また、最近の加圧処理技術により、従来の檜よりもさらに印鑑に適した硬さに加工することもできるようになり、木目の美しさもさながら、印鑑や社印としての機能も優れた一品です。

また、檜の一番の特徴は、なんといっても香りです。
美しさと癒される香り、そして木工芸品のロスから出た檜を印材利用している神楽ひのきという材料は、エコの観点から見ても、価格の求めやすさからも、非常に注目されている一品と言えます。

〔最近のお気に入りサイト〕

デコネイルに使用するクリスタルをはんこの表面にあしらった、スタイリッシュな印鑑が今売れ筋です。
キラキラと輝くスワロフスキーが女性らしい手元を演出します。

女性向けのおしゃれはんこをお求めの方はこちら

ページの先頭へ