味わい深い印鑑とは

かっこいい印鑑イメージ

竹の印鑑、というのが存在するようです。
もちろん持ち手の部分が竹になっており、自然の曲がりや節目が美しく、かっこいい印鑑です。

わび・さびを愛する日本人の美学さながら、竹の曲がりやよじれ、虫食いやしみなどがあるものが好まれるそうで、いつまでも見飽きない、味わい深い印鑑といえそうです。

また自然木を利用しての印鑑、というのもあります。
自然木というのは、山に自生する木の枝を一部いただき、乾燥させて使う木のことで、自然の恵みを少しわけてもらうという意味でも、ありがたみのある印材です。

福岡のほうでは伊都の国彫りという、乾燥させた自然木(自生している本柘植や、山桜、さつきなどがあるそうです)を使った印鑑もあるそうです。

やはり一本一本、風合いや持ち味、形などが異なるもので、自然本来の木の味が楽しめる一品です。
ただし大量生産がむずかしいことから、なかなか市場に出回らないのだとか。

出回らないとなると、現地に赴いてでも、手にしてみたいと考えるのが人情というもの。
こちらも大変魅力を感じさせる一品です。

自然のままのカーブや、自然のままの色合いをそのまま利用することで、風合いはもちろん、世界にひとつだけのオリジナルな印鑑となりそうです。

自然の色や風合いをそのままに利用した印鑑には、他に琥珀を用いた印鑑があります。
琥珀は、太古の木々の樹脂を彫りだした宝石ですから、その色合いの移り変わりや、その中に封じ込められた太古の葉や枝など、見る者を魅了する石です。

琥珀の印鑑は、竹や自然木のものと違って、割と市場に出回っており、入手しやすさという意味では身近に感じられますが、それでもやはりここにも壁が。
琥珀の印鑑や社印は、非常に高値なのです。

私のような一般人は一生に一度、手にできるか否かという一品といえます。
しかし、やはり自然の色味というのはいつまでも見飽きない、手にするものを魅了して放さないものです。

自然をモチーフにした印鑑や社印が、デスクに一本あれば、仕事もはかどってしまうかもしれません。
一度くらいは使って、自慢してみたい印鑑ですね。
そのような印鑑や社印を持っていたら、周囲からもかっこいいと羨ましがられるかもしれません。

〔関連オリジナルグッズご紹介〕

印鑑ケースに筒状のものがあるのをご存知ですか?
まるで、卒業証書入れのような筒状ケースに印鑑がすっぽりと収まります。
ケースの柄はなんと90種類!

ひととは少し違ったユニークな印鑑ケースはこちらから

ページの先頭へ